株式会社メディックス 採用サイト
メディックス公式サイトはこちら

お問い合わせ・エントリー

089-993-5972

阿部さんのインタビュー
西畑さんのインタビュー
会社理念
募集要項
研修制度

ふだんの私をきちんと評価してくれる。

なぜこの介護関係の仕事に就いたのですか?

私は、ゆとり世代です。中学校1年生の時に老人ホームに行く機会がありました。私が行った所は寝たきりの人が多いところで意思疎通もあまりできない、会話もできない人がたくさんいる中で、中学生が行っただけですごい声を出して手を挙げて喜んでくれるおじいさんがいました。

普段を知らないので喜んでくれているんだって思っていたら、介護士さんがこの人普段は手もあげないし反応もないんだよって言ってくれたんです。子供の力はすごいって言ってくれて、その介護士さんも感動したって言ってくれました。

そういう場面に立ち会える仕事って素晴らしいなって思い、なんとなく漠然と人の役に立ちたいという思いがあり、小さい頃から周りの皆に色んな事をしてもらって育ってきたので、13歳の頃から介護をしてみたいって思い、福祉系の学校に行って今に至ります。

パートナーハウスかとれあ相談員 阿部万梨子

学生さんを卒業してから入社したのですか?

違う所から退職してから、メディックスにきました。メディックスに入ってから3年くらいです。
転職のきっかけは、前職も同じ介護の仕事でしたが、いったん退職をし、何をしようかと考えたところ、やっぱり介護をやりたい!と改めて思った時に丁度紹介してもらい、入社しました。

実際に入社する前の印象はどうでしたか?

メディックスという会社を全く知らなくて、見学させてもらいました。知り合いに紹介してもらって、見学に1回来てとにかく建物がきれいだなって印象が強かったです。

特に私が衝撃をうけたのは、見学してたら高齢者の方が歩いてたんです。前にいたところは重度の方が多かったので歩いてる人が少なくて、車いすを利用していない人がこんなにいるんだって衝撃を受けて、重度の人から軽度の人まで様々な利用者さんが食事の時間に一斉に集まったりとかどう言う風にしてるのかなって興味がわいて入社しました。

入社した後の第一印象はどうでしたか?

スタッフさんの仲がいいなって思いました。介護っていうのは、場所によっては年配のスタッフさんばかりの所がありますが、20代とか30代前半の人も多いです。
40代~60代の人もいますけど、若い人もいるということにびっくりしました。

若い人が多いのでその分わきあいあいとしています。お互い遊びに行ったりとか、スタッフ同士で遊びに行ったりとか、恋愛の話ししてみたりとか、40代の人が20代の人に彼女出来た?と言う風に、すごい皆が仲がいいなって衝撃的でした。

入社されてからどんな風に育てられましたか?

人間関係がよかったので、いつでも誰にでも聞ける雰囲気です。すぐそこにいる人に聞けます。基本的にほめて伸ばすタイプの人が多いと感じます。

年齢が高い人もいっぱいいるんですけど皆が穏やかで、これはこうした方がいいと思うよって注意も優しい感じで、感情的に言わない人が多いと思いますね。

ここはいいなって思える所はどこですか?

施設長と気軽に話せます。年2回、ボーナス前には面談があって直接一対一で話し、苦情や自分の要望で、こういう設備がほしいなどを、直接言えて日頃からしっかり話を聞いてくれて、検討してもらえますし、検討した結果もちゃんと報告してもらえます。

小さい意見って無理やろって言われて終わる事もあるのに、上に掛け合ってもらえて「予算的に難しいって言われた」だったりとか、そこまで言ってもらえます。以前、風呂場に車いすの座って入る設備しかなく、重度の方にも安心して安全に寝て入ってもらえる設備を欲しいということを、入社してからずっと言ってました。すると2年目くらいに購入してもらえ、当時の施設長からも「よかったね。ずっと言ってたおかげで買ってもらえたよ。」って言ってもらえて、意見をちゃんと上に通してくれるのが嬉しいです。

あと、イベント実行員というものがあり、夏祭りとか大々的な行事を任せてもらえます。ものすごく大変ではありますが、上司からは現場の意見でやってもらいたいということもあり、何をするのかもその委員会で決めていきます。
予算等いろいろ問題も出てきますが、前向きに色んな事を任せてもらえ、色んな事が勉強になりました。また入れ替わりで入った時にもその人がだんだん責任感を持って成長していく所がすごいと思います。やりがいを感じます。

今後の夢を教えてください。

成長したいです。仕事において、人間としても。

具体的にどうって言われるとかなり難しいですけが。
これから資格をとったりして相談員としても人間的にももっと成長したいなって思います。

私の忘れられないストーリー

相談員になったきっかけ「あなたの対応がいいと思ったから」

相談員にならないか?って声かけてもらった時に、褒めてもらえた事です。相談員になるような事を大学で学んできました。
相談援助と言う人の話の聞き方とかを習ってきましたので、認知症で興奮するタイプの人の対応の仕方が上手だったよって言われたのがすごく嬉しかったです。
認知症の人が興奮して出て行くときや、どこかに行きたいって言ってた人の気をそらしたりとか会話で落ち着いてもらえたときは、良かったって思えた事があります。
認知症の人と話すのが好きで、興奮されると困りますけど、瞬間瞬間忘れる会話が楽しくて私は、結構楽しんで話しをしています。

私のとある1日

8:30 出勤、掃除
8:45 介護・看護、申し送り
9:20 厨房、事務、申し送り
9:30 事務作業(行事予定、広報誌、入居営業、備品発注入居相談等)
11:00 介護補助
12:00 ご利用者様と一緒に昼食
13:00 休憩
14:00 介護補助、各連絡機関との連絡調整、ご利用者様からの相談受付
15:00 ご利用者様とのコミュニケーション、施設及び居室の環境整備
17:00 相談員日誌記入
17:30 退社
ご利用者さま メッセージ
入居者F様のメッセージ
入居者U様のメッセージ
上司からのメッセージ
お問い合わせ・エントリーはこちら